kotoの始め方

Ubuntu

ご注意・現在このページは作成途中のため情報が古いケースや誤表記がある場合があります。

基本的にはhttps://github.com/KotoDevelopers/koto にある解説に書いてある通りです。

注意

  • 他の暗号通貨も同様ですが、kotodを強制終了するとウォレットのデータが壊れることがあります。
  • kotodを立ち上げているターミナルでCtrl-Cで終了するか、又はkoto-cli stopで停止させ、必ずkotodのプロセスが終了するまで待ってください。
  • もしwallet.datが壊れた場合はkotod -salvagewalletで起動してください。(ただしこれでも修正されない場合は諦めてください。)

ビルドの手順

https://github.com/zcash/zcash/wiki/1.0-User-Guide

基本は、手順に従ってビルドしますが、ubuntu向けに手順をまとめたものは以下の通りとなります。

  • sudo apt-get install build-essential pkg-config libc6-dev m4 g++-multilib autoconf libtool ncurses-dev unzip git python python-zmq zlib1g-dev wget bsdmainutils automake curl
  • git clone https://github.com/KotoDevelopers/koto.git
  • cd koto
  • ./zcutil/fetch-params.sh
  • ./zcutil/build.sh --disable-rust -j$(nproc)

koto/src 以下に kotod, koto-cli ができます。
メモリ不足でビルドできない場合は-j$(nproc)を省いてください。 実行前にkoto.confを作成します

  • mkdir -p ~/.koto
  • echo "rpcuser=username" >>~/.koto/koto.conf
  • echo "rpcpassword=password" >>~/.koto/koto.conf

username、passwordをそれぞれ、任意のユーザー名、パスワードに書き換えてください。
DNSSeedがあるのでaddnodeは必ずしも必要ではありませんが、5分待っても繋がらないようであれば以下のコマンドでノードをkoto.confに追加してみてください。

  • echo "addnode=koto-pool.work" >> ~/.koto/koto.conf

GUIを使う場合

https://github.com/koto-dev/zcash-swing-wallet-ui の説明に沿ってKotoSwingWalletUI.jarをビルドします。
まとめたコマンドは以下の通りです。

  • sudo apt-get install git default-jdk ant (Ubuntuはこちらを実行)
  • sudo yum install java-1.8.0-openjdk git ant(RedHat?/CentOS/Fedora等はこちらを実行)
  • git clone https://github.com/koto-dev/zcash-swing-wallet-ui.git ←古い
  • cd zcash-swing-wallet-ui/
  • ant -buildfile ./src/build/build.xml
  • chmod u+x ./build/jars/KotoSwingWalletUI.jar

以上で実行ファイル、KotoSwingWalletUI.jarができます。
KotoSwingWalletUI.jar、kotod、koto-cli を同じフォルダに入れ、KotoSwingWalletUI.jarを実行するとGUIでウォレットを操作することができます。
ターミナルから実行する場合は

  • java -jar KotoSwingWalletUI.jarへのフルパスで起動してください。

マイニング

  • src/koto-cli setgenerate true
  • koto.confにgen=1

でも構いませんが、cpuminerも用意しました。
https://github.com/koto-dev/cpuminer-yescrypt こちらをgitでローカルに引き取り、ビルドして使用してください。
ビルド後の実行例は以下の通り。

  • ./minerd -a yescrypt -u k123GPgqzxzP2BAqSqv224bkomDkmwHAWGR -o stratum+tcp://koto-pool.work:3032 -t 6
  • デフォルトでは採掘されるたびに新しいアドレスにコインが入るので、kotodのオプション-mineraddressで受け取りアドレスを指定するといいと思います。 kotod 単体でスレッド数を指定してマイニングを行う例は以下の通りです。
  • ./src/kotod -genproclimit=スレッド数 -gen -mineraddress=受け取りアドレス -minetolocalwallet
    ※ 実行パスはsrcフォルダ上位。

その他

  • ./src/koto-cli listaddressgroupings

※ 実行パスはsrcフォルダ上位で採掘されたコインの入っているアドレスを確認できます。
採掘された直後のコインは、手数料を除いた全額をプライベートアドレス(zアドレス)に送らなければなりません。

  • ./src/koto-cli z_getnewaddress でプライベートアドレスが取得でき、送金は以下のようになります。
  • ./src/koto-cli z_shieldcoinbase "*" プライベートアドレス (手数料) (処理するUTXO数)

(手数料) (処理するUTXO数)はオプションで、省略した場合は手数料は自動、処理するUTXO数は50となるようです。 しばらくすると送金が実行され、その結果が

  • ./src/koto-cli z_getoperationresult

で確認できます。

z_getoperationresultで結果が得られた時点でエラーかどうかがわかります。
実行中の命令(又はまだ結果を得ていない終了ている命令)は次のコマンドで確認できます。

  • ./src/koto-cli z_getoperationstatus

匿名・非匿名、両方の合計残高は z_gettotalbalance で確認できます。

  • ./src/koto-cli z_gettotalbalance

※ Windows版はバイナリーが公開されましたので Windows on Subsystem Linux についての説明は割愛します。
※ 本説明文は、こちらのページがソースです。


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-07-10 (火) 10:09:55 (5d)